退職をして初めて知った税理士の仕事

退職をして初めて知った税理士の仕事

零細企業では、経理を税理士に任せている所も多いようです。詳しく知りたいなら大田区 税理士で検索!

 

私が以前勤めていた職場でも、やはりそうでした。このサイトなら税理士 事業承継で検索!

 

 

そこの職場は、変わっていて、毎月の給与明細がなく、お給料だけが振り込まれる形になっていました。お任せください大田区 記帳代行で調べましょう

 

残業がなかったので、給与計算がしやすく、給与明細がなくても、なんとか数字の把握はできました。

 

そして、年に一度、年末に、1年分の給与明細が一覧になったものをもらっていました。もっと知りたい方は税理士 相続←チェック

 

それらの仕事はすべて、税理士任せだったようです。

 

私は雇用保険に入っていましたが、退職する時、ハローワークの人に、雇用保険の加入状況がない、と言われました。
法律が変わる前でしたが、それでも給与明細ではしっかりその分が引かれていたので、不思議に思いました。

 

どうやら、失業給付の申請をするために、退職者から離職票などの申告があったら、それからまとめて、行政に退職者の分の雇用保険をまとめて払っていたようです。

 

そんな裏のカラクリのようなことがあるとは知りませんでした。
それ以来、零細企業には勤めたくないな、と思いました。評判良いって本当?税理士 開業←クリック!