食事のカロリーチェックで、糖尿病の予防。

食事のカロリーチェックで、糖尿病の予防。

いまや日本は糖尿病患者だらけって、知っていましたか?現在闘病中の人が700万人以上で、その予備軍まで含めるとなんと1500万人を越えるようです。そもそも、この糖尿病には2種類があり、インスリンを作り出す膵臓のβ細胞が壊れてしまうのをT型、インスリンの働きが劣化してブドウ糖を身体に取り入れにくくなって発症するのをU型と名付けています。日本人に多いのはU型の方で、農耕民族でそもそもインスリンの分泌が少ない体質のところへ、欧米型の食事が急速に広まったのが主な原因とか。
そこで、誰にでもできる予防や改善策は、やはり食事メニューの見直しです。一日のカロリー摂取量が必要とされる量を上回れば、その分、膵臓の負担が増え、そうした食生活が日常化すれば、いまは健康でもいずれ糖尿病の予備軍になってしまいます。気になったら横浜市 糖尿病こちらから

 

そこで、糖尿病に気をつける食事メニューですが、まず間食を控えて3度の規則正しい食事を心がけること。外食のときは、できるだけバランスの取れた和食を選ぶこと。揚げ物や炒め物など油を多く使ったメニューは避けること。バターやドレッシングも高カロリーなので要注意です。そして、野菜、海草、きのこ類など、食物繊維が豊富な食材を、ふだんより少し大目に食べることを心がけましょう。毎日の食生活を、きちんきちんとチェックすれば、おのずと糖尿病を予防できるでしょう。